ファンダメンタルでいくなら、米ドルならMT4スプレッドをチェック

ファンダメンタルでいくなら、米ドルならMT4スプレッドをチェック

ファンダメンタル分析は、経済の動向を分析して、将来どのようになるのかを予測する分析方法です。経済の動向を分析すると聞くと、すごく難しそうに感じますよね?確かに、その国の経済のことを調べて、分析するのは大変です。しかし、FXでファンダメンタル分析をする時、注目すべき指標はそれほど多くありません。以下に、米ドルで重要な指標を紹介していきます。

 

1.米国雇用統計
雇用統計では非農業部門雇用者数と失業率が注目されます。雇用者が多ければ、その分計器が良くなっていると判断されます。また、失業率が多いと、不景気だと判断されます。見方としましては、数字に注目するのではなく、前回と比べて増えたか減ったか、数字は事前の予想の範囲内かなどです。結果が事前の予想の範囲内であれば、相場はあまり動きませんが、結果が予想と異なると、大きく動きます。

 

2.FOMC
FOMCとは連邦公開市場委員会のことで、アメリカの金融政策を決定する会合です。なぜFOMCが重要なのかというと、金利が変わるとお金の流れが一気に変わるからです。FOMCの金利発表の見方も米国雇用統計と同様、予想通りかどうかです。ここで予想と違う結果が発表されると、相場は大きく変わってきます。そのため、この指標の発表を待ってから取引する人も少なくありません。FOMCの発表は中央銀行の政策なので、大抵の場合は予想通りです。

 

以上がFXのファンダメンタル分析で注目すべき指標です。他にもGDPや小売売上高など、重要な指標はあります。これら重要な指標をしっかりチェックしておきましょう。