FXでも大きな金額の取引が可能となります

FXでも大きな金額の取引が可能となります

FXというものは、普通の外貨預金とは異なります。レバレッジをきかせることにより、大きな金額の取引をおこなうことができるのです。たとえば、10万円で米ドルを買った場合、普通の外貨預金では、10万円分の取引しかおこなうことができません。しかし、FXでは、レバレッジをきかせることにより、10万円の資金で100万円分の取引をおこなうことができるのです。そのため、大きく稼ぐことも可能となるのです。たとえば、3円の円安が進んだ場合、普通の外貨預金では、10万円では3000円の利益しかだすことができません。しかし、FXでは、10万円で、3万円の利益をあげることもできるのです。このように、少ない資金で大きな利益をあげることができるのです。

 

 しかし、反対に円高に進んだ場合、FXでは、普通の外貨預金よりも大きな損失が出ることになるのです。これが、FXのハイリスクハイリターンと呼ばれる原因なのです。このように、大きな損失が出ることを考えると、まずは、余裕資金で始めることが大切だと考えられます。資金に余裕があれば、損切りなどもうまくおこなうことができます。そして、よいタイミングで売買をおこなうことができるようになると考えられます。
 さて、FXでは、ちょっとした為替の変動も見逃してはいけません。少しの値動きで大きく稼ぐことが可能なのです。そのためには。常に為替の変動をチェックし、売買のタイミングを見逃さないようにすることが大切です。そういった時間の確保も必要となるでしょう。